スマホが会社の電話になる!!

こんにちは!新入社員の斉藤一輝です(^-^)

このブログをご覧になっている方にお聞きしたいのですが、営業や出張などの外出中に自分のスマホが会社の電話として利用出来たら便利だなと思った方はいらっしゃいませんか?
また、スマホで会社の人と内線電話できたらなと思っている方はいらっしゃいませんか?
スマホを会社の電話や内線通話として使えたら便利だと思いませんか?

なんと、
できるんです!!!その名もスマホ内線化!!!

スマホ内線化を導入すると得られるメリット

メリットはたくさんあります。まずはビジネスホンと言われる固定電話が不要になることです。スマホが会社の電話のように利用できるので、わざわざ固定電話を購入する必要がないため端末代金代が節約になり、ビジネスホンの入れ替えなどでコストダウンが可能です。

現在、固定電話とPC、資料などをデスクに置いて業務を行っている方が大半です。
固定電話は意外と幅を取るので今まではデスクの利用可能範囲が狭まっていましたが、スマホで会社の電話を発着信することが出来るので、デスクを広々と使えます。
さらには、固定電話の専用配線がなくなるためオフィス内がスッキリとするのでオシャレに働くことができます!

f:id:office24mot:20170919103500p:plain


イメージとしてはこんな感じですね↑

また、「事務所の増設や席替えをしたい」となったときも普通の場合は配線工事をしなくてはいけませんが、スマホ内線化を導入すれば配線工事は必要がありません。
思い立ったその日のうちに0円で増設・席替えができてしまうのです!!

産休など何か理由があって在宅ワークをしている人でも内線化の機能を使えるのでとても便利だと思います。

これだけのメリットを書いてきたので、デメリットはないのかと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

残念ながらデメリットもいくつかあります(;一_一)

なにがデメリットかというと、外出中に利用する場合は携帯電話の電波を利用して会社の電話の発着信を行うので3Gや4G(LTE)などの電波が届かない場所では電話の受発信ができないことです。

次に、いつでもどこでもスマホで会社の電話を取れるようになると便利な一方で、いつでも対応しなければいけない状況を作ってしまい休日なのに会社用の番号に着信がきてしまうということもあることです。

せっかくの休日なのに仕事の電話がきたら嫌ですよね(~_~)
しかし、スマホの内線化ができて、上記のデメリットを解決してくれるアプリがあります!!

その名も・・・

MOT/Phone

MOT/Phoneのボタンは固定電話と非常に似せてあります。また現在利用されている固定電話・ビジネスホンで利用できる機能もそのまま利用できるため、今と同じ運用のままスマホ内線が導入可能です。
ボタン配置などもシンプルなため、使い方を覚えるのも非常に簡単です。

 

残念ながら電波の届かないところでは利用は出来ませんが、複数人に同時に転送(着信)させることが可能なため、1人が電波の届かない場所にいても他の人が電波の届く場所にいれば対応が可能です。

また、オンオフの切り分けも設定が端末から自由に出来るので退社時に切り替えなどを行えばオンオフが簡単に切り替えることができるので、休日に仕事の電話がくる心配はありません。

f:id:office24mot:20170919103527p:plain               f:id:office24mot:20170919103532p:plain


MOT/Phoneの機能は内線電話だけではありません!

MOT/PBXを導入していただけたらこんな機能も利用することができます!!
ビジネスチャット
インターネットFAX
名刺管理
出退勤

などもできてしまうんです!!!

MOT/phoneが気になった方やもっと詳しく聞きたいという方はお気軽にご連絡ください(‘◇’)ゞ

当社はMOT/phoneだけでなく様々な商材を取り扱っています。

www.mot-net.com


株式会社オフィス24 TEL 0120-972-655

FAX、出しっぱなしになっていませんか?無駄をなくしてコスト削減!

これが最新のFAX事情

f:id:office24mot:20170911094827p:plain

こんにちは、新入社員の萩原です。

f:id:office24mot:20170911100044j:plain


最近ではメールやチャットでのやりとりが増え、個人ではFAX自体あまり使わない、もはや家に置いていない、という方が多いと思います。
しかし企業間のやりとりとなってくると、どうしてもFAXを無くすことはできない、という企業の方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はコミュニケーションツール「MOT」の機能の内の1つ、インターネットFAXの紹介をしたいと思います。


目次
1営業職の多い中小企業の場合
2不動産仲介業の場合
3MOTだからできるコト
4これってどうなの?Q&A
5まとめ

1営業職の多い中小企業の場合

インターネットFAXでできることは、一言でいえば「スマホでFAXの送受信ができる」ということです。
会社に送られてきたFAXも、自動でスマートフォンに送られてくるので、外出先でも簡単に確認することができます。
例えば中小企業で営業の方が多いと、外回りの間に受信したFAXもそのまま出しっぱなしになっているということもありますよね。
無駄なFAXも印刷してしまうとその分コストがかかってしまいます。

MOTのインターネットFAXにすれば……
届いたFAXは外出先でもスマホで確認。
FAXを使う機会は少ないけれど業務上なくすことはできない…ということであれば、FAX機能だけ残して、複合機自体を削減することができます。ペーパーレスFAXは多くの複合機に付いている機能ですが、MOTのインターネットFAXであれば複合機自体を削減しながらスマホやPCで確認したり、必要な分だけ簡易プリンターで印刷という運用も可能です。 受信も送信もスマホやPCからできてしまうので機械自体をなくし、トナー代やリース料金など大幅にFAX関連のランニングコストを抑えることができます。
データ化することにより簡単に管理し日付から検索することも可能になります。

 

2不動産仲介業の場合

FAXの利用頻度の多い不動産仲介業の方などは物件情報など営業FAXも多く送られてきます。
そういった大量のFAXを、すべて印刷するのはもったいないです。

MOTのインターネットFAXにすれば……
必要な分だけ印刷できコスト削減にもなりますし、外出先でFAXの確認ができるので、お客様に新鮮な情報をリアルタイムで提供することができます。
インターネットFAXにすることによって、今までかかっていた用紙代、トナー代等のコストを削減できる他に、外出先で資料を確認できるということから業務効率も上がります。

 

3MOTだからできるコト

ここまでMOTのインターネットFAXのご紹介をしてきましたが、インターネットFAXのソフトって他社でもたくさんありますよね。

MOTなら、1つのソフトで電話の機能(スマホ内線化やCTI)もインターネットFAXの機能も使えます。
他社製品の場合、FAXのソフト、CTIのソフト、名刺管理ソフトetc...と別々でPCに入れる必要がありますが、MOTならこれらの機能がすべて一つのソフトでできてしまいます。

別々の製品を入れていると、何かトラブルが起こった際には、別々の問い合わせ先にそれぞれ問い合わせる必要がでてきますが、MOTの場合は、一括、オフィス24に問い合わせていただければ大丈夫なのでサポートも充実しています。

あくまでインターネットFAXはMOTの機能の内の一つです。この機能以外にも便利な機能がたくさんあり、それが一つでできてしまうのが、MOTならではのメリットです!

 

4これってどうなの?Q&A

Q. 電話番号(FAX番号)は変わるの?
A. 変わりません。今お使いいただいている番号をそのまま引き継ぐことができるのでご安心ください。※移転に伴う導入の場合、番号が変わる場合もあります。

Q. どうしてスマホやPCから送信できるの?
A. 受信時はFAXデータがPDFデータに自動変換されます。送信する場合はPDFからFAXデータに自動変換され、複合機がなくてもスムーズにやり取りすることが可能です。

f:id:office24mot:20170911094911j:plain


Q. インターネットFAXの機能だけでも使える?
A. 申し訳ありません。FAX機能のみで使うことも可能ではありますが、MOTを導入して頂く必要がございます。電話の機能など便利な機能がほかにもたくさんありますので一緒にご利用することでより業務の効率化が図れます。

 

5 まとめ

MOTのインターネットFAXのメリット

  1. 番号変わらず、外出先からでもPC・スマホで送受信ができます。
  2. 複合機自体がなくても使えるのでコスト削減!
  3. データ化で管理もラクラク
  4. ほかにも便利な機能がいっぱい。問い合わせ先も一本化できる!

企業でFAXを無くすのはまだ難しいかもしれませんが、FAXの「機能」だけ残して「機械」をなくすことはできます。
MOTをつかってビジネスフォンも、FAXもなくしてみませんか?

これはどうなの?こんなこともできるの?
気になることがありましたら、お気軽にご相談ください!

www.mot-net.com

ビジネスフォンはもう必要ない!費用は抑えられます! 新社会人の私が初めてMOT/Phoneを使ってみて感じたこと

皆さんこんにちは!
新社会人の井出です!
入社してから4か月が経過しましたが、私は今までITなどには全く縁がなく、その上かなりの機械音痴なので日々学んでいるところです。

・ビジネスフォンってなんだろう?
突然ですが皆さんは「ビジネスフォン」というと、どういったイメージをお持ちでしょうか。
電話機、ハード、設置工事、通信費、リース料金など...様々なイメージがあるかと思います。

私は、
「ビジネスには電話機が必要不可欠だ」
「デスクの上に置いてあるもの」
と思っていました。

そして、当然入社後は私もその電話機を使って仕事をするのだろうと考えていたし、それが当たり前だと思っていました。

しかし、1か月の研修終えた今、皆さんに声を大にして伝えたいことがあります。
それは、自社商品のMOT/Phoneを使用すればもうその必要はないということです。

MOT/Phone を使えば、もう電話機を置く必要はなくなります!!!

f:id:office24mot:20170821153046j:plain



電話機を置く必要がなくなるということは、電話機設置の費用が掛からないということです。
つまり、机の上の省スペースにもなり、デスクに張り付いて電話対応する必要もなくなるということです。

・そもそもMOT/Phoneって何?
MOT/Phoneとは、MOT/PBXというハードを会社内に設置していただき、お使いのスマートフォンに無料アプリをダウンロードして頂くことで、パソコンやお使いのスマートフォンがビジネスフォンになるというサービスです。
スマートフォンがビジネスフォンになるということは、内線通話や取次、会社番号発信などが、外出中などでも行えるようになるということです。通常、事務所にある電話機や社員のスマホ・拠点や支店などとの通話は有料ですが、MOT/Phoneではそれらを内線化することによって無料で利用することができます。社員のスマートフォンの通話料金もかかりません。(会社負担になります)
これは、外出の多い営業マンや、少人数の企業、SOHOなどの在宅ワーカーにはとてもうれしい機能ではないでしょうか?

・MOT/Phoneで何ができるの?
 「MOT/Phoneではスマートフォンやパソコンがビジネスフォンになる」と書きましたが、それだけではありません!その他にも様々なことができるのがMOT/Phoneの魅力です!

「FAXを電子化、必要なものだけ紙媒体に―インターネットFAX」
 ビジネスにFAXは必要不可欠です。しかし、紙やインク、カウンター料金を支払ったりなど、無駄なコストもかかってしまうのが難点です。さらに営業の方は、わざわざ会社にFAXを取りに戻った経験はありませんか??

そこでMOT/Phoneならお客様からきたFAXを自動でPDF化し、チャットで共有することが可能です。出先でFAXを確認することもできますし、送信にも対応しているのでスマートフォンやパソコンからデータを送信すれば、お客様は通常のFAX(紙)として受け取ることができます。

・紙媒体にする必要のあるものだけを印刷すればよいので紙など無駄なコストの削減にもなるのではないでしょうか?


「ビジネスチャット―MOT/Cha」
 通常社内での連絡は、メールや電話で行っている会社が多いとは思いますが、このMOT/Chaを使用すれば社内コミュニケーションをチャットで行うことができます。メールを打つ無駄な時間の短縮や、LINEのようなグループチャットを部署ごとやプロジェクトチームごとで行うことによって、連絡がスムーズに行えるようになり共有も可能になります。

f:id:office24mot:20170613105919p:plain

f:id:office24mot:20170613105907p:plain

(チャットスタンプ


「出退勤管理」
 MOT/Phoneでは、出退勤管理をスマートフォンで行うことができます。操作はいたって簡単!アプリ内にある出退勤ツールで「出勤」「退勤」ボタンを押すだけです。これなら出先から直接帰宅する際にも簡単に操作ができます。さらに、この機能ならボタンを押す際に位置情報も同時に送信されるので、不正を防ぐことができ、管理側も安心です。

「自動音声対応」
 こちらは、着信電話を自動応答する機能です。
「~のご用の場合は1番を押してください。」というアナウンスを皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この機能を利用することにより、お客様の用件を事前に知ることができるので適切な対応を行うことができ、応対時間が短縮できます。そして営業電話を未然に防ぐことができるので余分な電話を減らすことができます。節約できた時間で+a作業ができますね!貴重な時間!

「名刺管理」
 カシャッとスマートフォンのカメラで名刺の写真を撮れば、MOT/Phoneでデータとして管理することができます。
さらにMOT/Cloudというサービスではデータ化した名刺情報をクラウド上で管理し、社員で共有することができます。ビジネスチャンスが増えるかしれませんね!

CTI機能―着信者情報をポップアップで表示」
 お客様からの着信があった際に、相手先の電話番号を元に素早く相手の情報をパソコンなどに表示させる機能です。お客様との通話を開始する前にお客様の情報を得ることができるので、余裕のある対応ができます。既存のお客様の場合は「いつもお世話になっております。」の一言を付け加えられるだけでも、ホスピタリティの向上につながるのではないでしょうか。また、新人やベテランなどで電話対応の差が出るのを防ぐことも可能です。
 標準でついているサービスでは、電話番号からWEB検索をし会社の情報が表示されますが、オプションで顧客管理ソフトもあるので、そちらを使うとより細かな情報の登録が可能です。

「全通話録音機能」
 こちらは、外線通話を自動で録音し管理する機能です。お客様との会話を録音することによってトラブルを未然に回避します。例えば、新人が電話対応をした際、聞き洩らしがあった場合でも通話を録音しているので安心です。

・こんな時にMOT/Phoneがあったら...
 ここでは、実際にMOT/Phoneの必要性を感じた私の経験を紹介したいと思います!

 大学生になって初めて始めたレストランのアルバイトで、電話対応をしていた時の事...
当時のアルバイト先のレストランでは、電話対応中にメモを紙にとり管理していました。ある日常連さんからの予約の問い合わせを受け、いつも通り紙にメモをしていたが、数日後その紙を紛失!!準備が出来ずお客様からのクレームにつながってしまいました。

こんな時にMOT/Phoneがあれば...!

MOT/Phoneの通話を録音する機能があれば、クレームを避けることができたかもしれません。また、顧客管理機能により、電話先のお客様が常連さんであるということが新人でも把握できていれば「いつもご利用ありがとうございます。」という一言を付けくわえることができたのではないでしょうか。この様な何気ない一言でも、お客様が「自分のことを覚えてくれている」と感じてくれれば、お店のホスピタリティの向上につながったと思います。

・でも実際、ここどうなの?

 ここまでMOT/Phoneにはこんな魅力がある!とお伝えしてきましたが、「でも実際ここどうなの?」と思われる所があるのではないでしょうか。 MOT/Phone初心者だった私が以前感じた疑問を挙げてみました。

Q1、音質は大丈夫なの?
A、LINEやSkypeよりクリアで、ビジネスで使えるものです。(無料デモもあります)

Q2、セキュリティは大丈夫?
A、使っているPCのウイルス対策ができていれば問題ありません。(必要不可欠なのでほぼ問題なし)

Q3、使いやすいの?
A、大きな表示で簡単に操作ができます!
アプリを使うには、ダウンロード→パスワードを入れるだけです。

Q4、バグはないの?
A、随時アップデートをして頂ければ問題ありません。(アップデート情報はパソコン上にその都度表示されます)

Q5、高価なのでは?
A、自社工場で生産、システム開発を一括担当しているため、業界最安値で提供が可能です。
支払方法は、リースやレンタル、割賦、現金買取があり、タイプは、オンプレミス(社内にMOT/PBXという装置を置くタイプ)とクラウド(MOT/PBXは置かずにクラウドのみのサービス)の2種類があります。

 

Q6、解約金はないの?
A、ございません!(リースの場合は途中解約をすると違約金が発生します。)


Q7、バッテリーの減りが速そう
A、バッテリーの減りの改善済みです!

・最後に...
 
いかがでしたでしょうか?私共のサービスでもっと働きやすい会社づくりをお手伝いできたらと思います。
この他にも様々なサービスを展開しておりますので、是非当社ホームページをご参照ください!

 私たちと一緒に、「MOTで、仕事をもっとワクワクするものに」していきませんか?

www.mot-net.com

私が入社を決めたきっかけとなった商品「MOT/Hotel Phone」

f:id:office24mot:20170828101118j:plain新入社員の新井宏幸です。
同期のなかでは、ちびゲイキャラとしてみんなにいじってもらっています。
ちなみに、身長は、158cmです。
姉が三人いるので、口調や、しぐさに少々、女の子が出てしまうんですかね。
こんな私ですが、よろしくお願いします!

研修の一貫でブログを書かせて、いただきます。
温かい目で最後まで見てくれると嬉しいです♡

今回は、私が入社を決めたきっかけとなった商品「MOT/Hotel Phone」についてお話させていただきます。

その前に少しだけ・・・  オフィス24に入社した経緯をお話しします。(興味がなければ飛ばしてください)
就職活動が始まり、多くの友人は、「俺は商社で働きたい」「私は化粧品会社で働きたい」と言っている中、私は自分が何をしたいのか分からず途方に暮れていました。しかし、自分なりにもがき苦しみ、なんとなく「空間デザイン系の仕事がしたい」と思うようになりました。そして就活サイトで検索をして出てきた、会社の中にオフィス24がありました。暇だったのでとりあえず説明会に行ってみたところ、IT関係の仕事だと知り、興味がなくなり「早く帰りたいな」と思っていました。そんな矢先に始まったのが、MOT/Hotel Phoneの説明でした。冗談抜きで、本当に鳥肌が立ちました。その時、「絶対にこの会社で働いてやる!」と心に決めました。長々と失礼しましたm(__)m

ここからMOT/Hotel Phoneの魅力をお伝えしていきます。

f:id:office24mot:20170828100352j:plain


客室電話がいらなくなります!!!
今の時代、ホテルや旅館で客室電話を使う人がどれくらいいるでしょうか?
少なからず私の年代ではほとんどいません。
だったら、客室1部屋1部屋に電話機を置く必要ないですよね。
MOT/Hotel Phoneは、お客様にアプリを入れてもらうだけでも、お客様のスマホを客室電話として使用していただくことができます。
また、客室に電話の代わりにタブレットを設置し利用していただくこともできます。

【客室では】
・フロントへの内線通話
↳LINE同様、インターネットの回線を使用した通話なので、通話料タダ!

・外線通話
↳もちろん、インターネット回線で外線通話もできます!

f:id:office24mot:20170828100420p:plain



・館内案内
↳多言語対応なので外国人旅行客も安心!!

・観光案内
↳館内のみにならず、周辺観光地の情報もcheckできます。

・タクシー配車
↳客室からでも、観光先でもフロントを通さずに、いつでも、どこでも、Hey!タクシー!!
アプリからタクシーを呼ぶことができます!

・多言語通訳サービス
↳例えば、アメリカ人⇔日本人でもコミュニケーションが取れます!!
※アラーム機能やメッセージ機能もあります。
※その他機能も追加できます。

【フロント】
・内線通話
↳客室との通話だけでなく、スタッフ同士でも、スマホを内線として利用することで、タダで通話できます。

・外線通話
↳PCを電話化し、CTI顧客管理システム(顧客から電話がかかってくると、顧客情報が画面上に表示されるシステム)と連動させることで、より丁寧な電話対応、接客、お・も・て・な・し!ができます!
※内線・外線ともにクラウドで管理が可能

・スタッフ向けアプリ
 チャット:スタッフ同士で、リアルタイムで連絡を取り合える。一般的な無料チャットアプリとは違い部外者のアクセスや不用意な情報漏洩も防げます。


・多言語通訳サービス:スタッフも使えます。
英語も、中国語も覚えなくも大丈夫!
つまり、私のようなおバカさん(勉強嫌い)でも大丈夫!(笑)

f:id:office24mot:20170828100516p:plain



このようにMOT/Hotel Phoneを導入することで、今までよりお客様とっても、スタッフにとっても、MOT(もっと)いいことがあります。

2020年には東京オリンピックパラリンピックもあり、今後もどんどん外国人観光客が増えてくることでしょう。また、安倍首相がオリンピック・パラリンピック後も、外国人観光客が増加すると言っていたとか、言ってないとかっていう話も聞きました(政治に関して無知な私をお許しください)(笑)そこで、外国人に対するおもてなし、また既存のお客様に対するおもてなしのレベルを上げるためにもMOT/Hotel Phoneは必要なアイテムとなります!!

なんてことを言ってみましたが、実際、誰でも、楽で便利な方がいいですよね?MOT/Hotel Phoneは宿泊客からしても、楽で便利だし働くスタッフも楽で便利になるんです。大変なのは、導入するためにお金がかかることぐらいですかね(笑)

2020年に向けて、ホテルや旅館の新規開業を行っている皆様は、もちろん老舗ホテルや老舗旅館を運営している方々にもぜひ、考えてみてほしいと思っています!!

f:id:office24mot:20170828100546p:plainという、 お・も・て・な・し

 

ホテル客室用スマホ・タブレット・クラウドPBX | MOTホテルフォン

今後、会社での仕事がMOT便利になりそう

 初めまして!オフィス24新入社員の青木健太郎です!4月から社会人になりわからないことばかりで大変ですが、毎日必死こいて生きてます。

f:id:office24mot:20170821153542j:plain



私がMOTと出会ったのは、会社に入社して商品説明を受けた時がMOTとの出会いでした。この出会いが私の中の「ビジネスフォン」という概念が大きく変わったきっかけです!

MOTを知って驚いたこと
2020年までに、ビジネスフォンのない社会を実現するというような説明を入社前に聞いていましたが実際のところ会社の電話をなくすというイメージが全然できなかったです。むしろ何も知らない私にとってみれば

f:id:office24mot:20170821153154j:plain「ビジネスフォンをなくしてどうやって電話するの?」

という感じでした。
入社後MOT/PBXについて詳しく説明を受けていくうちに
「これを実際に会社で使ったらめっちゃ便利だしもっと仕事が効率よくなるじゃん」
と思ったのが本音です。(笑)自分が持っているスマホで会社の電話として使えるのはもちろんのこと、全国どこにいても会社の03発信で使えるのには本当に驚きました。その他にも出勤打刻もスマホでできるというのも驚きました!

 会社に着いたらスマホの出勤を押すだけで出勤できてしまいます。
 でも私は

f:id:office24mot:20170821153116p:plain「遅刻しそうになったら電車の中で押すこともできちゃうじゃん」


というずるい考えをしてしまいました。(笑)でもそこはアプリの中で位置情報がわかるようになっているのでどこで出勤を押したかが一目で住所までわかってしまうので不正の心配もないと知り安心しました。
 
また、ファックスや社内の無料チャットも使用することができます。ファックスに関しては事務所に届いたファックスを自分のスマホで見ることができ社外にいても確認できると知り驚きました。この機能があれば少人数の企業さんでも効率よく仕事を進めることができるなと思いました。
 他にもMOT/名刺と言って自分が頂いた名刺をスマホで写真を撮るだけでその人の名前、アドレスなどの情報がデータで保管され社内の人全員が見れるという機能もあります。

 その他にもMOT/PBXとは少し関係なくなってしまいますが、ハイ経費といってパソコンにソフトウェアを入れICカードの端末を繋ぎそこに自分のPASMOSuicaをタッチするだけで交通費が画面上に出てきて簡単に交通費申請ができたりします。

 このように色々なサービスを契約しなきゃできないことがMOT/PBX1台でできてしまうと知り今はただ驚きしかないです。そのためMOT/PBXについて少し知識が増えた時家族、友人にすぐ話したのを覚えています!

MOT/PBXを実際に使ってみて
 実際説明して頂いたときはすごいと思いましたが使ってみて自分自身がどう思うかがわかりませんでした。実際にアプリをインストールして使ってみたときに思ったのが「登録するだけで社内の人と無料内線電話が本当にできた。」
「音声も悪くなく普通に会話ができた。スマホの画面を閉じていてもちゃんと通知がくる」
という感想でした。普通にすごいなと感じました!

f:id:office24mot:20170821153046j:plain


 私は学生時代カフェでアルバイトをしていました。本社からのファックスが多く、店長がいないときに大事なお知らせがきても店長が知るのが次の日とかで大事な内容がパートナーにまで届かないというのが多々ありました。
 もしうちの店舗にMOTがあったならばと今考えると本社との内線もでき店長がファックスを休みの日でも確認でき大事な内容はMOT/Cha(チャット)で外部に漏れることがないように発信できたりとMOTがあったらもっといい環境で仕事ができたなと思うばかりです。(笑)

どんな人がMOT/PBXを使いそうか?

 私が思うに「スマホを持っている社会人であればだれでも使えそう」「特に年齢層が若い会社の方たちが好んで使いそう」だと思いました!要するに今の世の中の社会人であれば誰でも使えそうと思ったのが正直な感想です。なぜかというと
・「スマホがビジネスフォン代わりにになるならこんな便利なことはないから」
・「MOT1台で電話、チャット、名刺管理、勤怠管理、ファックスなど多機能を自分のスマホ1台でできるから」
です。

 もし私が経営者であればMOT/PBXを導入すると思います!

f:id:office24mot:20170821153021j:plain


MOT/PBXがあればどんな課題を解決してくれるのか?
 MOT/PBXがあればこのような課題を解決してくれるのではないかと私は考えました。
・「社外にいるときなどに急用会社の番号で相手先に連絡をしなきゃいけない時」
・「すぐにファックスを確認したい。」
・「仕事をもっと効率よくしたい」
といった課題を解決してくれると思います。
 それとMOT/PBXは料金が安いので経費削減ということもできると思います。

お客様が不安に思う点
 ・「なぜそんなに安いのか?」
と不安なお客様がたくさんいると思いますが、そこは他社とは違い製造からすべて自社で行っているという強みがあるのでこのような多機能の製品を安く提供することが可能です。安いから製品がしょぼいということは一切ないです。

f:id:office24mot:20170821152946j:plain


 ・「音声も悪いのではないか?」
という不安もあると思いますが、実際にLINEやSkypeより音声がクリアだなという印象が私自身あったので大丈夫だと思います。

ぜひ、MOT/PBXを!

 今の世の中スマートフォンは必需品になっています。その必需品のスマートフォンをビジネスのシーンでも使えたらもっと仕事を快適に効率よくできると思います。新入社員の私でも使っていてすごいと感じたのでぜひ一度試してみてください!
そうすればMOT/PBXの良さがわかると思います。

f:id:office24mot:20170821152848p:plain


世の中の社会人の方たちがもっと効率よく仕事をし、より良い日本の社会を作っていけたらなと思いました!!!

 

www.hi-keihi.com

 

www.mot-net.com

新入社員が語るオフィス24の製品

 

こんにちは!
みなさん、鍛えてますか??
身体は資本!

オフィス24の新入社員のマッスル下村と申します。
日中は会社へ行き、会社後はジムに行く筋肉至上主義者でございます。

f:id:office24mot:20170807142237j:plain


4月1日に入社して既に4か月が経過し時の流れの速さに日々驚かされております。。。
私は現在、新入社員として毎日座学研修を受けております。その内容は、ビジネスマナー研修、英語研修、ネットワーク研修です。
最近になり、ついに自社製品についての研修も学び始めました!
私はまず、営業職に就くのですが、やっぱり自社製品については深く知っておかないとお客様の質問に答えられないですからね!!!

ところで皆さん、オフィス24の代表的な商品をご存知ですか??
当社の代表製品はMOT/PBXというIP/PBXです!

では、MOT/PBXとはご存知でしょうか?
実はまだまだ私の知識を浅はかなのですが、新入社員なりに精一杯説明してみようと思います!!

MOT/PBXとは黒い箱のような見た目をしており、その利用方法は様々です。

これです。

f:id:office24mot:20170710112901p:plain


プレーステーションみたいですね。。
主な機能はインターネット回線を利用して、ビジネスフォンや固定電話の役割をスマホでその果たせるようになるというものです。内線電話も可能です。
スマホを利用するメリットとしては、オフィスのスペース削減はもちろん、外回りなどの理由で会社にいなくても、会社の電話番号で発信、着信ができるのです。

更に、オフィス24には、MOT/PBX以外にも様々な商品・サービスがあります。
私の一番のお気に入りが、『POSレジ』です。 
POSレジに関しても少しご紹介させて頂きますね!
当社の製品は飲食店用のBeSHOKUとサロン用のBeSALOをメインで取り扱っております。

では、POSレジを簡単に説明してみたいと思います。
まず、よくあるレジ、つまりボタンがたくさんある飲食店に置いているレジをご存知ですね???
私共の業界ではそのようなレジをガチャレジ、もしくはレジスターと呼びます。

じゃあガチャレジとPOSレジに違いは何なの?と思いますよね?
安心してください、ちゃんと説明します。
簡単に言うとインターネットにつながるレジです!
イメージ的にはガラケースマホの様な感じでいいと思います。
ケータイもかつてはガラケーでインターネットにつながるのは遅くあまりパソコンのように使う人はいませんでしたよね?
スマホが普及した今、皆さんはインターネットに普通につないで調べものなどで使っているとおもいます(*^^*)

POSレジもそのようなイメージです!
じゃあどうしてレジをインターネットと繋ぐ必要があるの???
そう思う方もいるかもしれません。。

しかしそのメリットは実はたくさんあるのです!
私は学生時代、つまりつい最近まで飲食店でアルバイトをしており、そこの飲食店ではガチャレジを使っていました。
シフトに遅番で入った時はほぼ毎回、店長にレジ締めを任されていたのですが、正直本当に面倒な作業でした。

その理由は、毎回、電卓を使ってあらゆる計算をしなければならないからです。その計算とは、原価率、消化率などです。
ただ計算するだけじゃん!と思う方もいるかもしれませんが、これが本当に面倒なんです!
普通に作業しても1時間以上かかる上、途中どこか一つでも計算を間違えると全ての計算が狂ってしまうんです。。。

そんな時!
当社のPOSレジのBeSHOKUを使えばそんな心配はありません。

なぜなら、POSレジは面倒な計算を自動的にやってくれるのです。
POSの機能として自動的に集計してくれるというものがあるんです!

私がバイトしている時にBeSHOKUを導入してくれれば良かったのに、、、
さらに私がアルバイトをしていた店はチェーン展開していたのですが毎日、営業時間が終わると本部に電話で売り上げの連絡をしていました。

つまり、本部側からすれば、何十店舗もある店全てに電話をかけて確認しなければならないのです。
そんな時も!
POSは解決してくれます。
インターネットでつながっているため、チェーン展開している店でもPOSレジを導入すれば、全店舗と本部が繋がるため集計電話で確認する必要はないのです!
つまり、この二つの点から、大幅な時短に繋がり、人件費を大きく削減できるということです!
アルバイト側からすると人件費削減は困りますけどね、(笑)
他にもMOT/PBX、POSレジには様々な便利な機能があるので、次回のブログで説明します!

 

www.free-pos.jp

 

www.be-shoku.com

結局のところ、MOTって何ができるの?新入社員がお教えします!

はじめまして!
オフィス24、新入社員の萩原です。
4月から新卒で入社して、早数か月経ちました。

f:id:office24mot:20170807142643j:plain


MOTってなに?スマホから電話かけられるだけ?
いろいろ種類があってよくわからない!

入社時の私はこんな感じでした。

しかし!この数ヵ月の研修中、MOTについて多くの研修を受けてきました!
入社当時のあの頃の私とは違います。

今回はそんな私が、自社製品MOTについてご紹介したいと思います。

まずMOTって何?

みなさん、ビジネスフォン使っていますか?もしくはこれから使おうとしていますか?
「それって、本当に必要でしょうか?」
というところから考えられたのがMOTです!

オフィス24のスローガンは、
「2020年、ビジネスフォンのない社会を実現します」
というものです。

MOTはビジネスフォンを使わないで、スマホをビジネスフォンとして使います。

机の上に一人ひとりおいているビジネスフォンがなくなるなんて、素敵じゃないですか?!
すごくスタイリッシュ!

そしてMOTは、なんとビジネスフォンでは通常できないことまでできてしまうのです。

ここで唐突ですが、
私が入社して驚いたMOTの機能ベスト3を発表します。

第1位
外出先でも今使っているスマホで内線をとれる!

今までは会社にかかってきた電話は社内に残った人が対応するか、もしくは外出先にいる社員の携帯に転送していたと思います。しかし、転送ではその間も通話料がかかってしまっていました。

MOTを設置し、スマホにアプリを入れれば通話料がかからずに外出先の社員に電話を転送することもできます。もちろん社員同士の通話も無料です! さらに外出先でもスマホから会社番号で取引先などに発信することも可能で、社員一人一人で通話料がかかることもありません。

実際に私も自分で使っているiPhoneにアプリを入れて使用してみましたが、音質もよく操作も手軽でした。社用携帯の支給をせずに使えるというところもメリットの一つです。

第2位
スマホから位置情報をつかって出退勤も管理できちゃう!

毎日の出退勤もスマホからできてしまいます。
直接お客様先へ行くことや、お客様先から直帰することも多い営業職の方にはうってつけですね。
位置情報を使って管理するのでもちろん不正も防止できます。

第3位
FAXも外出先でスマホから見れちゃう!

社内にあまり人がいない場合などは、FAXが流しっぱなしになっていることも多いのではないでしょうか?
流しっぱなしの紙から必要なものを探し出しさなくちゃいけない。
また、外出先でFAXが見れない場合は会社に戻って確認する…

……面倒くさい!!
ももったいないですよね。

MOTなら、FAXだってデータ化してスマホに送信することができます。
外出先でもFAXを確認することができるので、わざわざ会社に戻る必要もありません。
紙で出力したい場合はその都度印刷すればよいので、紙やインク代などを減らすこともできます。

ほかにも、MOTにはCTI機能も搭載されています。

お客様からの入電をとったとき、従来のビジネスフォンだとどうなるでしょうか?

「○○様ってお客様から入電です!さっきだれか対応したみたいなんだけどだれですかー?」
「あ!私です!」
「保留ボタン1番です!お願いします!」

なんてやり取りになりますよね。
私は以前テレアポのアルバイトをしていたのですが、まさにこんなやり取りが行きかっていました。

これがCTIを導入するとどうなるでしょう?

まず電話を出る前に、PCの画面に顧客情報が表示されます。
新規のお客様なのか、既存のお客様なのかがそこですぐにわかります。
そして前回対応した担当者に着信が鳴るように設定することも可能なのですぐに担当者が対応できます。

お客様もストレスフリーですね!

お客様との対応履歴も残るので、どんな内容でかけてきたお客様なのかも対応する前にわかるので、電話対応の質向上につながります!

そのほかの機能として
・MOT/名刺は、スマホで名刺を撮れば自動で文字を読み取ってデータ化してくれる便利なアプリです。

・チャット機能も標準装備で、セキュリティの高い社内専用チャットを使って簡単に連絡をとることも可能です。

今まで上げた機能、出退勤管理以外はすべて標準装備でできてしまうのが驚きです。
ほかにもさまざまなオプション機能もあります。

これ全部できちゃって、しかも業界最安値、もうビジネスフォンいりませんよね。

私なんて、研修中は 「え?これもできるの?」「え、それもできるの?なんでもできちゃうじゃん!」
てな感じで驚きました。

じゃあどうすればMOTを使えるの?
MOTの機能を使う方法はいくつかあります。
大きく分けると、工事して機械を実際に設置して使うタイプか、クラウド電話として月々レンタルで利用するタイプの2種類があります。

新規事業の立ち上げや、社員数が少なくてそこまで電話を使う頻度も多いわけではない、ということなら、基本工事不要で初期費用と月々のレンタル料のみ、解約金もかからないので、クラウド電話で試しに使ってみるというのもおすすめです。

逆に社員数が多く今後電話をなくすことはないと思われる場合や、音質を重視される方は、最初に工事して設置したほうが、ランニングコストを抑えることができるでしょう。

これは企業の規模、環境によってもどちらが最適か変わってくるので、気軽にご相談いただければと思います!

環境によって使い方が変えられるのもMOTのいいところですね!

でもやっぱりスマホだけは不安…

もちろんビジネスフォンなくさなくても使うことができますよ!
外出の多い社員のみスマホで使って社内ではビジネスフォンなどの使い方もありです!

音質とかってどうなの?

実際私がスマホで使ってみた感想は、まったく問題なかったです!
もしご不安であれば無料デモで体感していただくと安心です。

どうしてできることは多いのに安いの?

クラウド電話は月額3980円から利用できます。
この安さの秘密……それは……
実は、当社オフィス24にて開発から販売まですべて自社で完結しています。
すべて自社で行うことによって、他社よりも安く、お客様の声を反映させるスピードも速く提供することができるのです!

ほかにも気になることがあればお気軽にご相談ください!

詳しくはこちら!

www.mot-net.com